まだ結婚できない男クラシック曲名は何?1作目の楽曲も一覧で紹介!

2019年10月8日よりドラマ「まだ結婚できない男」が放送をスタートします。

前回放送から13年という時を経て、未だに結婚せず同じ生活を遂げている桑野信介はもう53歳。

13年前と同じく、一人で指揮棒を振り大音量でクラシック音楽に浸る桑野がまた見れるようです。

予告でも流れていましたが、今回の「まだ結婚できない男」で聞けるクラシックの曲はどんな曲名でしょうか?

1作目の楽曲も気になりますね。

今回は、これから放送の「まだ結婚できない男」と前回作で流れるクラシックの曲について調べます。

スポンサーリンク

まだ結婚できない男クラシック曲名は何?

相変わらずの生活をやっちゃってますね(笑)

グーグルホーム的な物も生活に取り入れて一人暮らしの楽しみに拍車が掛かっていそうでした。

前回より生き生きしているように見えませんか?

PR動画のはじめにかかるクラシックの曲名は前回のドラマでは使用されていないクラシック曲です。

とても有名な曲であるのに曲名がわかりません。すみません!

今回の作品もクラシック音楽を聴きながら指揮するシーンなど、沢山のクラシック曲が聴けることを期待しています。

「結婚できない男」の時に桑野が聴いていた楽曲も同じように流れるかもしれませんね。

スポンサーリンク

結婚できない男のクラシック曲名は何だった?


「結婚できない男」では毎回クラシック曲が流れていました。

ドラマの中で、その時の気分や状況によって違うクラシック曲が流れるのが恒例でしたよね。

第1話と2話で流れていたのは

マーラー作曲「交響曲第5番第5楽章」

初めて見た時は「何この人?!」とものすごい衝撃がありました。

桑野はマーラーの曲が好きなようで、ドラマでは度々クラシック曲視聴のシーンで使用されています。

お隣さんに嫌がらせかのように大音量でかけていたのがショスタコーヴィチ作曲「交響曲第5番第5楽章」です。

大迫力の音楽に負けずと力強い指揮を振る桑野のねじ曲がった性格を表しているようで面白かったですね。

第3話

ワーグナー作曲「楽劇<ニュルンベルクのマイスタージンガー>第一幕の前奏曲」

桑野がひとり人生ゲームをしながら聴いていた曲です。

ひとり人生ゲームって、、しかも最新版購入してましたよね。

考えもつかない遊びです。

第4話

シューベルト作曲「歌曲<魔王>のゲーテ作詞の日本語版」

桑野が休日出勤し、誰もいない事務所でかけていました。

第5話

1話と同じマーラーの曲が流れ、

2番目にはシューベルト作曲「アヴェ・マリア」がかけられていました。

掃除をする時にはマーラーを聴き、自宅で仕事をする時にはシューベルトとシーンによって使い分ける桑野。

しかし、不眠不休で仕事をして倒れてしまいます。

第6話

エルガー作曲<威風堂々>

有名なイラストレーターの仕事を断った時に流していた曲です。

自分を奮い立てる桑野の心境を表しているのではないでしょうか?

第7話

スメタナ作曲「連作交響詩<我が祖国>から<モルダウ>」

ドラマ終盤で桑野がリラックスしていた時に聴いていた曲です。

第8話

はじめにお馴染みであるマーラーの曲が流れ、

次に犬のケンと仲良くなった時には、「モーツァルト交響曲大41番第1楽章<ジュピター>」の曲を流していました。

犬との生活を満喫するご機嫌な桑野がケンと同じぐらい可愛かったです。

第9話

ムソルグスキー作曲「<展覧会の絵>から<プロムナード>」

桑野が彼女らしき人物と初めてデートをした日に聴いていた曲です。

第10話

ロッシーニ作曲「歌劇<セビリアの理髪師>」

仕事のパートナー沢崎(高島礼子)がヘッドハンティングされるかもしれない?!

そんな心境の時に流れていた曲です。

第11話

ドヴォルザーク作曲「交響詩第9番<新世界より>」

お隣のみちる(国仲涼子)が桑野のことを好きになり、ドラマ終盤で流れます。

第12話

ひとり手巻き寿司のシーンでは、プッチーニ作曲「歌劇<ジャンニ・スキッキ>より<私のお父さん>」

ひとりで優雅に手巻き寿司を堪能するシーンはうらやましくもありました。

みちるが桑野に告白したことを早坂夏美(夏川結衣) に伝えたシーンの曲は、ヨハンシュトラウス2世作曲「皇帝円舞曲」

みちるが引っ越しをした後に流れた曲は、ベートーヴェン作曲「交響曲第7番第1楽章」

最終回には3曲のクラシック音楽が流れていたのですね。

 

またクラシック音楽だけではなく、タイタニックのプラモデルを作っているときに流れていたのがセリーヌ・ディオンの大ヒット曲「My Heart Will Go On」です。

この曲は桑野が直接聞いていたわけではなくドラマのバックテーマだったので本人のお気に入りかどうかはわかっていません。

 

クラシック音楽にあまり馴染みのない方でもいつの間にか耳に残ってしまっているのがこのドラマの良いところでしょう。

今回13年ぶりに桑野を演じることになった阿部寛さんは、クラシック曲を聴きながら指揮をする姿に進化があるとコメントしています。

13年前はひたすら自分に酔った指揮をしていたそうですが、今はオーケストラを誘っているような指揮に変わったんだそうです。

確かに「まだ結婚できない男」では桑野が指揮をする際にタクトも使用していて、座ったままではなく立っています!

スポンサーリンク

結婚できない男のクラシックシーンにみんなの声は?

オーディオで大音量のクラシックを聴きながら、指揮をするあの姿がまた見れるのかな?

桑野さんの指揮ぶりが進化してる。放送が楽しみすぎる!

また指揮者みたいなことをする姿が見られるのがうれしい。ちょっと変わってるというか偏屈なところがいいんだよな~。

みなさん、やはり桑野の変わらないクラシック愛に期待しているようです。

指揮者ぶりが進化しているのもドラマファンからすると楽しみなポイントですね。

スポンサーリンク

まだ結婚できない男クラシック曲名は何?1作目の楽曲も一覧で紹介!まとめ

10月から放送開始のドラマ「まだ結婚できない男」のクラシック曲と1作目の楽曲について調べました。

1作目で聞いているクラシック曲は一度は聴いたこと事があるような名作揃いでしたね。

今回も指揮をする時にサイドテーブルにある飲み物は牛乳でしょうか?

桑野がクラシック曲を聴きながら指揮をふる姿を見るのが楽しみでなりません。

「まだ結婚できない男」を存分に楽しみましょう!

コメント

  1. グレゴリオ より:

    「まだ結婚できない男」TVCMおよび第1話で使用される曲については、スピンオフのYoutube番組で曲名が紹介されていますよ。

    https://www.youtube.com/watch?v=Xkfxd2BeqDo
    「阿部寛主演ドラマ『まだ結婚できない男』スピンオフ企画【桑野信介のお気に入りクラシック曲】」